アストラルのつれづれ旅日記

旅好きの写真日記。主にアニメ・マンガの舞台探訪(聖地巡礼)について。

青の島とねこ一匹 舞台探訪(聖地巡礼)~岩城島、佐木島、生口島、大三島、大崎上島、尾道~

ヤングチャンピオン烈で連載中の作品『青の島とねこ一匹』。

作者は『ぱすてる』で有名な小林俊彦先生。

f:id:astral01:20200818024027j:plain

 

とある事情で瀬戸内の「凪島」へやってきた主人公(草太)は、そこで大学時代の先輩の娘である青(あお)と再会する。先輩の家に居候する予定だったが、そこに先輩の姿はなく…

青、そして三毛猫のオス「ミケ」との共同生活。

島独特のゆったりとした空気感や繊細な背景描写、青が作る絶品の島グルメ等など

せわしない現代社会に生きる我々に癒やしを与えてくれる『ハートフル瀬戸内島生活物語』となっています。(登場人物たちの広島弁もいい感じです!)

 

作中の舞台となっている「凪島」や、草太の赴任先の高校がある島は瀬戸内の島々がモデルとなっており、愛媛県岩城島大三島広島県佐木島生口島大崎上島などがあげられます。

今回8月の連休を使い、これらの島々を巡って聖地巡礼を行ってきました!

ストリートビューが使えない場所も多く、事前準備が十分でない状態で行った巡礼でしたが、ある程度結果を出すことが出来たので場所ごとにまとめてご紹介したいと思います。

 

※この記事では、舞台探訪で撮影した写真との比較・検証のため、漫画作品の一部を引用させていただいております。

これら画像の著作権は、林俊彦 氏、及び秋田書店に帰属していることを明示させていただきます。

 

探訪日:2020年8月8~10日

    2020年11月21~22日

 

 

 

岩城島

草太が島にやってきた時に降り立った港や、青が立っていた灯台のモデルなど、第1話で登場したポイントの多くが岩城島に存在しています。

愛媛県の島で、所謂「しまなみ海道」沿いの島となります。

 

岩城島へのアクセスは下記をご参照下さい。

sankohkisen.jp

基本、生口島の洲江港からのフェリーという行き方になると思います。

フェリーの所要時間は5分。

1日33往復なので十分な数ですね。

運賃は船内で払います。(往復券がお得)

 

青が立っていた灯台

f:id:astral01:20200815141642j:plain

f:id:astral01:20200815201125j:plain

第1話冒頭。草太を出迎えるために青が立っていた灯台

生口島からのフェリーが着岸する小漕港の直ぐ側にあります。

 

f:id:astral01:20200815141905j:plain

f:id:astral01:20200815201029j:plain

コミック第1巻の扉絵。

堤防の手前から。

 

以下、その他差分カット。

f:id:astral01:20200815143429j:plain

f:id:astral01:20200815201207j:plain

 

f:id:astral01:20200815143605j:plain

f:id:astral01:20200815201237j:plain

 

f:id:astral01:20200815143620j:plain

f:id:astral01:20200815201358j:plain

自分もここで釣りしてみたい。

 

f:id:astral01:20200815143633j:plain

f:id:astral01:20200815201452j:plain

灯台から陸側を見た画。

 

小漕港

f:id:astral01:20200815143714j:plain

f:id:astral01:20200815201733j:plain

生口島からのフェリーが着岸する港。

船着き場桟橋の下から陸側を見た画です。

 

ジグザグの堤防

f:id:astral01:20200815143729j:plain

f:id:astral01:20200815205849j:plain

青の家から抜け出し迷子になる草太。

島の南西部。「西部海水浴場」付近の堤防がモデルとなっているようです。

珍しい形の堤防ですね。

 

海沿いの道

f:id:astral01:20200815143916j:plain

f:id:astral01:20200815205924j:plain

作中で度々登場する海岸沿いの道。

こちらも島の南西部の海岸がモデルとなっています。

 

青が告白された場所

f:id:astral01:20200815143939j:plain

f:id:astral01:20200815210030j:plain

11話で青が先輩に告白された場所も同じ海岸の近くですね。

 

f:id:astral01:20200815144000j:plain

f:id:astral01:20200815210111j:plain

確かにこの場所は入り込んだ場所にあるのでひと目にはつきにくいかと。

 

積善山展望台からの眺望

f:id:astral01:20200815144013j:plain

f:id:astral01:20200815210152j:plain

度々登場する島の遠景カット。

こちらは、岩城島の積善山の頂上にある展望台から同様の景色が見れます。

この日は若干霞がかってました。

 

岩城港と周辺の路地

f:id:astral01:20200815144136j:plain

f:id:astral01:20200815210223j:plain

島の南にある岩城港周辺のカット。

上記は、岩城港の船着き場の東の端から岩城八幡宮の方を見た画ですね。

 

f:id:astral01:20200815144150j:plain

f:id:astral01:20200815210302j:plain

第1話、島へついた草太と青が家へ向かって歩いているシーン。

ここは岩城八幡神社のすぐ横の細い路地がモデルとなっています。

 

f:id:astral01:20200815144206j:plain

f:id:astral01:20200815210328j:plain

こちらのカットも同じ路地になります。

 

岩城八幡神社

f:id:astral01:20200815144220j:plain

f:id:astral01:20200815210358j:plain

同じく、第1話序盤の草太と青がまちなかを歩くシーン。

上記カットは岩城八幡神社の鳥居前。

作中カットの右端に見える家は解体されてなくなっていました。

 

f:id:astral01:20200815144243j:plain

f:id:astral01:20200815210428j:plain

第10話、亥の子祭りで皆が餅つきをしていた神社の境内。

岩城八幡神社の境内がモデルとなっています。

実際かなり広い境内だったので、実際に町の催しなどはここで行われているのかもしれませんね。

 

 

佐木島

所変わって佐木島へ。

佐木島へのアクセスは下記をご参照下さい。

sagishima.info

 

広島の三原から高速船かフェリー。もしくは、因島からの船から渡るのが一般的かと。

所要時間は25分程度です。

こちらは事前に乗車券を売り場で買ってから乗船します。

トライアスロンが有名な島で、1990年に第1回大会が行われてから毎年開催されています。

他にも「八十八ヶ所お大師巡り」など様々なイベントが行われており、多くの観光客を集めています。

 

磨崖和霊石地蔵と周辺

f:id:astral01:20200815144449j:plain

f:id:astral01:20200815210621j:plain

まず訪れたのはこちら。

向田港の側にある「磨崖和霊石地蔵」。

広島県文化財に指定されており、真ん中に見える岩の裏側に地蔵菩薩坐像が彫られています。

写真を撮ったときは潮が引いてました。

 

f:id:astral01:20200815144422j:plain

f:id:astral01:20200815210702j:plain

「磨崖和霊石地蔵」のすぐ横の道路にある何体ものお地蔵様。

作中で度々登場する通学路のカットですね。

作中では真ん中奥に大きい建物が見えますが、無くなっているようです。

 

f:id:astral01:20200815144528j:plain

f:id:astral01:20200815210817j:plain

青のお母さんが島にやってきた回。

地蔵の裏に隠れるお母さん。

 

f:id:astral01:20200815144543j:plain

f:id:astral01:20200815210846j:plain

若干角度を変えて。

 

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129175627j:plain

f:id:astral01:20201129175700j:plain

29話で登場したカット。

逆光がきついw

 

小浦八幡神社

f:id:astral01:20200815144557j:plain

f:id:astral01:20200815211006j:plain

ここからは鷺港周辺の集落のカットをいくつか。

まずは、港から近い場所にある小浦八幡神社のカット。

雛の家の神社のモデル(の1つ?)

雛の家の神社はいくつかの神社をモデルにして複合的に作られた神社っぽいんですよね。

ここは作中で度々登場する擁壁(境内へ登る石段)のカットのモデルだと思われます。

 

通学路(集落の路地)

f:id:astral01:20200815144703j:plain

f:id:astral01:20200815211032j:plain

港から島の中心部へ集落沿いに歩いていくとこの場所にたどり着きます。

「Cafe地德」というカフェの近く。

まさか見つかるとは思っていなかったので、発見したときはかなり驚きました。

あまり詳しく探せていませんが、この周辺は他にもいくつかカットが存在している気がします。

 

ポストのある路地

f:id:astral01:20200815144728j:plain

f:id:astral01:20200815211104j:plain

こちらも「Cafe地德」から近い場所にある路地。

こちらも事前の調査では発見できていなかった場所で、歩いていたら偶然見つけました。

ポストの形が違いますが、ロケハン当時は作中の形だったのでしょうか?

 

駄菓子屋跡

f:id:astral01:20200815144850j:plain

f:id:astral01:20200815211151j:plain

24話で登場した駄菓子屋跡。

本当に駄菓子屋だったかどうかはわかりませんが、すごく趣深い建物ですね…

なにかのお店だったことは間違いなさそう。

こちらは「Cafe地德」から県道361号線方向へ向かう途中で発見しました。

 

「Cafe地德」さん付近の路地

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129180040j:plain

f:id:astral01:20201129180238j:plain

2020年11月21日再訪時に偶然発見したカット。

「Cafe地德」さんから近い場所にある路地。

このカットは見つかると思ってなかったので、目に入ったときはかなり驚きましたw

 

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129180714j:plain

f:id:astral01:20201129180730j:plain

24話、隼人の後を追いかける2人。

こちらも「Cafe地德」さんから近い場所にある道路になります。

 

凪島小学校跡地

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129181409j:plain

f:id:astral01:20201129181502j:plain

24話で登場した小学校跡地。

佐木島南部にある「さぎしま ふるさと館」がモデルとなっているようです。

ここも元は小学校だったのでしょうか?

 

f:id:astral01:20201129181447j:plain

f:id:astral01:20201129181539j:plain

この滑り台も「さぎしま ふるさと館」の敷地内にあります。

 

鷺港付近の堤防

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129181947j:plain

f:id:astral01:20201129182004j:plain

鷺港横の駐車場の端にある堤防。

作中では潮が引いた状態のようですね。

山の稜線も一致しており、ここで間違いないかと思います。

 

(参考)コミック1巻表紙の場所?

f:id:astral01:20200815144903j:plain

f:id:astral01:20200815211305j:plain

こちらは参考までに(たぶん違ってる…)

鷺港のすぐ横、車が沢山止まっている場所の端から西を見るとこの画が見えたので、思わず写真に収めました。

なんとなく1巻の表紙に似ていたので…

海沿い、ガードレール、カーブした道にカーブミラー。

角度を変えればもっと近い構図で撮れたかもしれません。

 

生口島

次は生口島の舞台をご紹介。

生口島西瀬戸自動車道しまなみ海道)のルート上にある為、車で行くことが出来ます。

 

洲江港

f:id:astral01:20200815144950j:plain

f:id:astral01:20200815211427j:plain

「凪島」のフェリー乗り場の一部は生口島の洲江港がモデルとなっています。

上記、三光汽船の看板は、岩城島ではなく生口島の洲江港にある看板です。

 

旧生口中学校

f:id:astral01:20200815145007j:plain

f:id:astral01:20200815211501j:plain

青やたちが通う高校のモデルは、生口島にある生口中学校がモデルであると思われます。(屋根の一部以外はほぼ完全一致)

生口中学校は、統廃合により2013年に廃校となっています。

今は豪雨災害への対策として敷地内に仮設トイレが設置され、無料で開放されています。

 

大三島

大三島にも舞台が存在しました。

この島も高速道路でつながっている為、車で来ることが出来ます。

 

道の駅 今治市多々羅しまなみ公園

f:id:astral01:20200815145025j:plain

f:id:astral01:20200815211540j:plain

第5話、草太と青が学校の下見に訪れた際に「たこめし」を食べたレストランのモデルとなっているのは、大三島にある道の駅でした。

作中ではフェリー乗り場のターミナル内のレストラン、的な描写になっていました。

 

f:id:astral01:20200815145746j:plain

f:id:astral01:20200815211616j:plain

来た時にレストランがまだ開いていなかったので食べれていませんが、この道の駅のレストランでも「たこめし」を出しているようです。

※作中では青が色々言ってましたが、このレストランの「たこめし」はきっと美味しいはず!w

 

f:id:astral01:20200817010846j:plain

代わりに頂いたのがこちら「鱧かつドッグ」と「みかんジュース飲み比べ3種」。

どちらも絶品でした!

揚げたての鱧が本当に美味しくて、写真見てるだけでお腹が鳴ります。

みかんジュースは、真ん中のデコポンが一番味が濃くて美味しかったです。

 

料理旅館 富士見園

f:id:astral01:20200815145819j:plain

f:id:astral01:20200815211658j:plain

道の駅から北へ2kmほど行った場所にある旅館「富士見園」様。

20話。最終フェリーに乗り遅れた草太と青が泊まった旅館のモデルです。

室内も一致してるんでしょうか?

いつか泊まってみたい…

 

大崎上島

所変わって大崎上島へ。

アクセスは下記を参照下さい。

www.town.osakikamijima.hiroshima.jp

私は山陽商船のフェリーで、竹原港から向かいました。

島内の移動はバスを利用。「おと姫」バスというコミュニティバスが走っており、どこまで乗っても100円でいけます。(本数は少ないので注意)

 

木江港付近のバス停

f:id:astral01:20200815145834j:plain

f:id:astral01:20200815211725j:plain

第14話、『ぱすてる』でおなじみの村上菊が凪島へやって来る話の一番最後のカット。

大崎上島の「木江港」付近のバス停がモデルとなっています。

作中の看板には「凪島港」と漢字で書いてますが、よく見るとその下の英語表記は「Kinoe Ferry Port」のままになってるんですよね。それで特定出来ました。

 

クレーン

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129182235j:plain

f:id:astral01:20201129182311j:plain

大崎上島の北部にある造船所?のクレーン。

クレーンの形状や手前の屋根部分を見てもここで間違いないかと思います。

ツイッターの公式アカウントからリプを頂き、「反転+組み合わせ」で描いているとのことでした。

 

木江の町遠景

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129182748j:plain

f:id:astral01:20201129182811j:plain

28話で登場したカット。

木江の街並みが細かく描かれています。

奥に見える電波塔を頼りに瀬戸内の島々を調査して発見しました。

 

木江の路地

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129183300j:plain

f:id:astral01:20201129183358j:plain

木江の町の路地も登場しています。

古い建物が多く、情緒的な街並みですね。

こういう路地を歩き回るのすごく好きです。

 

f:id:astral01:20201129183426j:plain

f:id:astral01:20201129183449j:plain

迷路のように路地が入り組んでいます。

 

尾道

17話で登場した尾道のカットをご紹介。

 

御袖天満宮の石段

f:id:astral01:20200815145901j:plain

f:id:astral01:20200815211836j:plain

二人がまず訪れたのは御袖天満宮

御袖天満宮の石段はあまりにも有名な観光スポットですよね。

 

f:id:astral01:20200815145921j:plain

f:id:astral01:20200815211924j:plain

転げ落ちる一機。

普通に死ねる…

 

f:id:astral01:20200815145938j:plain

f:id:astral01:20200815211949j:plain

仁王立ちのまなみ。

 

梟の館(カフェ)

f:id:astral01:20200815145955j:plain

f:id:astral01:20200815212018j:plain

二人が入ったカフェは、猫の細道にある『梟の館』ですね。

 

f:id:astral01:20200815150007j:plain

次回訪問時には中にも入ってみたい。

冬に来て「ほっとみかん」飲んでみたいですね~

 

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129184457j:plain

2020年11月22日に訪問し「ほっとみかん」を頂きました!

 

f:id:astral01:20201129184953j:plain

店内は撮影禁止なので撮っていませんが、グラスの形も同じでした。

あったかいミカンジュース、初めての経験でしたが凄くおいしかったです!

 

共楽園とその周辺

f:id:astral01:20200815150024j:plain

f:id:astral01:20200815212058j:plain

ここは千光寺へ続く石段の途中。共楽園という場所のすぐ近くになります。

 

f:id:astral01:20200815150036j:plain

f:id:astral01:20200815212140j:plain

若干構図違ってました…

 

f:id:astral01:20200815150052j:plain

f:id:astral01:20200815212244j:plain

これも同じ場所から別アングルで撮影。

 

f:id:astral01:20200815150107j:plain

f:id:astral01:20200815212323j:plain

共楽園のベンチ。

実際、普段猫がたくさんいます。

 

千光寺

f:id:astral01:20200815150135j:plain

f:id:astral01:20200815212405j:plain

千光寺のカット。

ここまで徒歩で登ってくるのはかなり骨が折れます…

 

千光寺の敷地内は一部撮影禁止の場所もあるので要注意。

 

(2020年11月29日追記)

f:id:astral01:20201129183944j:plain

f:id:astral01:20201129183958j:plain

2人が「あめ湯」と「甘酒」の飲んでいた場所。

千光寺の境内にあるスペースになります。

絶景を見ながら飲む「あめ湯」、おいしそうですね( ´ω` *)

 

堤防沿いの道

f:id:astral01:20200815150223j:plain

f:id:astral01:20200815212451j:plain

海沿いを歩く二人。

ここは尾道の商工会議所のすぐ近く。

 

f:id:astral01:20200815150238j:plain

f:id:astral01:20200815212522j:plain

200mほど駅方向に歩いたポイント。

 

堤防のベンチ

f:id:astral01:20200815150320j:plain

f:id:astral01:20200815212552j:plain

このベンチも有名すぎますねw

色んな作品で登場しています。

 

f:id:astral01:20200815150343j:plain

f:id:astral01:20200815212619j:plain

アイスクリーム屋の「からさわ」は、ベンチの場所から道路挟んですぐ向かいにあります。

 

尾道大橋からの風景

f:id:astral01:20200815150400j:plain

f:id:astral01:20200815212656j:plain

尾道の風景カット。

これは尾道大橋の中程から撮影可能です。

自分は、尾道大橋を渡ってすぐの場所にある駐車場に車を止め、そこから歩道を通って橋の中ほどまで行き撮影しました。

かなりアングル違ってますが…

 

千光寺新道

f:id:astral01:20200815150415j:plain

f:id:astral01:20200815212732j:plain

千光寺新道のカット。

ジグザグになっているポイントですね。

 

千光寺前踏切

f:id:astral01:20200815150427j:plain

f:id:astral01:20200815212759j:plain

千光寺前踏切のカット。

道路の反対側から望遠で撮影できます。

 

フェリー船内

f:id:astral01:20200815150500j:plain

f:id:astral01:20200815212836j:plain

皆が通学で使用しているフェリーについて。

生口島の洲江港と、岩城島の小漕港を結ぶフェリーの船内を撮影してみました。

車が多かったので、作中と同アングルでは撮れてませんが…

ベンチの有無など違いはありますが、大方構造は一致しているようです。

(航路によっては完全一致の船があるんでしょうか?船の詳しい違いはよくわかりません…)

 

f:id:astral01:20200815150606j:plain

f:id:astral01:20200815212903j:plain

ようきたのう

 

探訪の内容はここまで。

 以下、分かりそうで特定できなかったカットをいくつか紹介します。

f:id:astral01:20200815150648j:plain

第1話序盤。

海岸線沿い?を歩く2人。

Googlemapとストリートビューで絞り込めると思ったんですが、結局発見できず。

 

f:id:astral01:20200815150659j:plain

神社の石段。

似た石段の神社はいくつかあったのですが、灯籠が無かったりと完全一致では無かったんですよね…

 

f:id:astral01:20200815150717j:plain

ここもGooglemapで死ぬほど探しましたが特定できず…

海岸線でこのように橋になっているポイントなんてすぐわかるだろうと思ってたんですが…

どこか見落としがあるはず。

 

f:id:astral01:20200815150734j:plain

集落内のカット。

ここは実際歩かないとわからんだろうなと思ってました。

結局特定には至らず…

 

f:id:astral01:20200815150824j:plain

川(もしくは側溝)沿いの路地。

似た路地は多くあるのですが…

 

内容は以上!

こんなに探訪欲を掻き立てられる作品は久しぶりですね。

緻密な背景描写と相まって、ハートフルかつノスタルジックな作中の雰囲気が食指をビンビンに刺激してくれます。

心の底から"この場所に行きたい!”という気持ちにさせてくれます。

もちろんお話の内容も大好きで、自分にとって、疲れ切った心に癒やしと潤いを与えてくれるオアシスのような作品です。

 

今後も連載は続きますし、未特定カットも気になるので、そう遠くない未来にまた瀬戸内の島に足を運ぶことになりそうです。